かに 通販 おすすめ

MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加

かに通販@おすすめ人気ランキング

かには、今はインターネット通販での購入がお勧めです。かにの通販は、『かにを大量あつかっている専門店がいいものを格安で提供』していますので、普通に購入するよりもお得ですし、ほしいときにほしいだけいいものを購入できますのでかにの購入は、通販が主流になりつつあります。
当サイトでは、数あるかに通販サイトの中でも特におすすめのサイトをランキング形式でご紹介いたします。

 

管理人厳選!かに通販サイトランキング

かに本舗

かに本舗は、現地で大量に一括買い付けするので、いいものが格安で購入できると言うことで、かにの通販サイトの中では、もっとも人気を集めているサイトです。
かに本舗のかにの年間の買い付け量が500トン以上、55万セットを販売するかに専門の業者さんで、ここで買えば間違いないと断言できるほどいいものをあつかっています。購入された方の94%が満足するほど。
私のお勧めは、このお店の『生ずわい かにしゃぶ 剥き身満足セット1.5kg5800円』です。ぷりぷりの剥き身でかにかにしゃぶ!お勧めです!

 

かに本舗の公式サイトへ

 

もっと詳しく⇒ かに本舗詳細へ

北国からの贈り物

北国からの贈り物は、おせち料理でも定評のかに通販サイトです。かに以外にもシャケ、えび、いくらなどといった魚介類、おせち、りんご、みかんなどといった農作物や果物までも取り扱っており、お正月用のものがそろうサイトと言うことでかにを含めて、まとめ買いが人気です。
北国からの贈り物のおすすめのかには、『かに足食べ放題セット 計2kg前後(タラバガニ足500g/ズワイガニ足1.5kg)7980円』です。かに鍋に最適です。

 

北国からの贈り物の公式サイトへ

 

もっと詳しく⇒ 北国からの贈り物詳細へ

活×2かに.com

活×2かに.com(いきいきかにどっとこむ)は、活けかにのみを取り扱うかに通販専門店です。かにで有名な浜坂ブランドの松葉ガニ専門店で、松葉ガニを活きたままの状態で送るところから、鮮度・品質に定評があり、非常に人気!。
生きたかに以外にも、ボリュームの多い食べやすい生のズワイガニの殻付き、ポーションの冷凍なども格安で販売。
活×2かに.comのかには、生であることを重視していますので、ゆでたかにに比べ、鍋に入れた時の味の濃さが違います。また、鮮度がいいので、軽く潜らせせて食べると絶品です。
また、自宅用でお考えの場合は、足が1本欠けているというだけのお買い得な訳あり商品などもありますので、格安でおいしいかにを食べたい人にお勧めです。

 

活×2かに.comの公式サイトへ

 

もっと詳しく⇒ 活×2かに.com詳細へ

口コミサイトに騙されないためのかに通販の選び方とは?

水揚げする時期やかに通販の会社概要も確認する!
かにを通販で買ってみたけど、納得いくのもではなかったという方、いませんか?特に、「口コミサイトを信じて注文したのに、満足いかなかった」というケースもありますよね。例を挙げると、旬の時期ではないかにを買ってしまったり、激安価格という名に誘惑されて買ってしまった、ということがあるかと思います。なので、かに通販を始めて利用する人は、予め確かな口コミサイトやかに通販の公式サイトなどをしっかり確認してから買うことが前提ですが、お試し価格のかにを予め購入してみて、本番に挑むという形が良いでしょう。本当のところ、口コミサイトも色々あります。口コミが全然投稿されておらず、通販の公式サイトの宣伝のみで終わってしまっている口コミが良くありますが、情報操作されているようなレビューがあるサイトなどもあまり信じられるものではありません。
そこで、どういったサイトを信じで買えばいいのかという事ですが、まずは紹介されているかに通販の各公式サイトを確認して比べる事が大事です。

特化したかにを買えば間違いが少ない!

かに通販も、個々に特化したかにが確実に存在します。これを見逃さず購入するしか、方法は無いでしょう。ですから、現に届くまでわからないというのが答えです。また、疑問点があればかに通販の公式サイトのオンラインショップに直に問い合わせてから買えば、口コミのみを信じて買うよりも、しくじることは少ないでしょう。
上記に記したように、かに通販は個々に有力候補のかにが存在するので、これを見抜いてから買うことが、最も大事と言えます。

 

例を挙げると、「旬の時期に伴い水揚げされる海域の異なる毛蟹」を提供しているようなかに通販の毛蟹は、旬意外の時期に毛蟹を購入しても納得のものを買うことが出来るでしょう。ですが、旬の時期意外の海域で水揚げされた毛蟹を1年中売っているかに通販で買うのとそうでないのでは、どちらが適しているのかはなんとなくはわかりませんか?
他には、ズワイガニに特化している通販にて、タラバガニや毛蟹を買ってみた時もそうです。ですから、かに通販を比べるのではなく、「かに通販の特色を把握し、それを誇りとしているお勧めの蟹を買う」ことが最も安心な方法です。現に、買う際に口コミを見て情報を集めるのはよくわかります。ですが、その口コミを見て買うかどうかを考える上でも、かに通販の評判のみでなく、旬の時期やどういった蟹の種類を買えば一番いいのかなどをじっくり検討してから買うのが良いでしょう。

 

ご存知かと思いますが、蟹の姿を買う時に、身入りの状態かどうかは素人の目ではわからないのが当たり前です。ですから通販で買うとなると尚の事そうですよね。

 

口コミなどを確認しても身入りが良くなくてほぼ無いような状態などといった口コミがよくありますが、まさにそれです。可能ならば、初めて買うとなると、冷凍の蟹足などで予め少しの量を買ってみるのもいいでしょう。
かにに限らず、正月に食べるおせち料理の予約もそうです。あまり考えるのもおっくうなので、主婦が推薦してくれた匠本舗にておせちを買っています。おせちや蟹の通販なら、プライドや一つの商品だけに特化した通販が、信頼出来るでしょう。

 

ズワイガニ通販について

ズワイガニの特徴と各地での呼び名

特に大型で筋肉質なオスのかにが貴重とされています。
オスの呼び方では、鳥取県や島根県、兵庫県、京都府北部などの山陰地方で水揚げされたズワイガニを、「松葉ガニ」と呼んでいます。
他には、福井県は越前地方で水揚げされたズワイガニは、「越前ガニ」の呼び名です。
最近では、石川県は能登地方で水揚げされたズワイガニを、「加能ガニ」と呼ぶようになりました。
地方のズワイガニはブランドにもなるので、そのズワイガニの名前でどこの土地で水揚げされたかを知ることが出来ます。

 

小ぶりで筋肉の少ないオスのズワイガニは、山陰地方の鳥取県境港などでは親ガニ(セコガニ)と言われ、かに汁が良く知られていてお吸い物にし、お子様のおやつや観光客向けや様々なイベントなどで、無料で配られたりしています。
(かに汁の画像)
オスのズワイガニは内子、外子が珍味となっており、ほぼ地元で食べらテレいます。

 

生息周囲と産卵など

日本海からオホーツク海に広い範囲に生息しており、北極海ではアラスカ沖にも生息が確認できています。
産卵は1年のうち1回のみで、特に冬の時期に産卵を行います。水揚げ時期には内子、外子を抱えたメスガニが水揚げされることもあります。
日本海の水深400メートル前後の水温0°〜3°がよく生息が確認されるところです。
ズワイガニの食生活は、貝類、魚類、イカ、タコなどを食しています。

 

日本産とロシア産の違いについて

日本海で水揚げされるほとんどのズワイガニには、甲羅に黒いものが付いていますが、この黒いものはかにビルの卵で、ロシア産のズワイガニは付いていないのが見分け方です。
ブランドにもなる日本海で水揚げされたズワイガニには、黒いものが付いているのが特徴です。

 

ズワイガニの水揚げ時期とは

毎年、水揚げの時期は11月の初めごろと定まっており、初の水揚げの際に付けられる初競りの価格がテレビなどからも注目されるので、水揚げ時期がスタートしたんだとわかります。

 

ズワイガニを調理するなら

ズワイガニの調理法としては、蒸す、焼く、ゆでるですが、いずれも珍味で美味しく食べられる方法です。
水揚げされた元気なズワイガニをお刺身で食べるのもなかなか食べられないですがとても美味しいです。
他にも、ポーションタイプとしても生のまま急速冷凍する加工方法と、浜で茹でて加工し売られているものが良く見かけるものです。
贈り物用や年末年始は1匹ずつでも売れ行きは好調です。

タラバガニについて

タラバガニの大きいものでは、甲羅の長さが25センチもあり、ズワイガニは足が10本ですが、タラバガニはツメも含め8本です。
タラバガニの甲羅と足のほとんどにトゲのようなものがあります。
オスの田原がにの足は太くて長いですが、メスのタラバガニは足が比較的細くなっています。
茹でると甲羅が赤色になるのが特徴です。

 

タラバガニの生息地と産卵

北海道に生息しているタラバガニですが、海の水深300メートル以上深い場所に生息し、産卵期に入ると水深30メートルでも確認できます。
南と北では、北に生息しているタラバガニのほうが水深が浅いのです。
生息している地域は、日本海、オホーツク海、カムチャッカ半島、ベーリング海、アラスカの北側沿岸地域です。
甲羅の大きさが20センチをこえるため、15〜17年程度の時間を要します。甲羅が100ミリのタラバガニは、だいたい6年程度生息していると考えられます。

 

気になるタラバガニの値段

タラバガニがよく売れる年末年始、足が大きいタラバガニが思いがけず人気です。
値段は安いとは言えない値段で、冷凍のタラバガニが主で、近頃はロシアなどから入る輸入ものが増加しており、国内産のタラバガニの値段も毎年下がってきています。

 

タラバガニについてのうんちく

タラバガニの仲間としては、ホンヤドカリ、ヤドカリと同様の異尾下目となるので、ヤドカリの仲間とも言えます。
反対に、ズワイガニは短尾下目で、確実に違う点は外見で、足が10本か8本で確認できます。
タラバガニととても類似しているアブラガニは、見た感じでは違いがわかりませんが、アブラガニは少し青みがかっているように見えます。
アブラガニとタラバガニを見分ける方法は、背中の真ん中のトゲが6本なのがアブラガニで、8本なのがタラバガニです。
産卵期のタラバガニの味に関しては少し味が落ちてしまいますが、中でも足の身を食べられるので、メスは味は落ちてしまいますがオスは一年中味が変わらず楽しめます。
かにみそはありません。太く長い足が多くの方から好まれています。

 

タラバガニの調理法について

蒸す、焼く、茹でるのがよくある調理方法、自宅に届くような通販のタラバガニはほとんどが蒸されたものです。
かにみそがほとんどないような少なさなので、ギフト用以外では足のみのタラバガニの通販が多いでしょう。

贈り物用のかに

寒い時期になると、お歳暮や鍋など、かにが多く出回ります。自宅でかにを食べるは、ワケあり商品がよく売れています。

 

ワケありとは言いますが、品質には支障はなく、足が1本足りないものや折れてしまっているもの、サイズがそろっていないものなどです。見栄えを気にしなくていい自宅用には最適ですよね。

 

ですが、贈り物のかにになると見栄えは大事です。梱包方法も気になるところなので、贈り物にはきちんとした贈り物用のかにを贈りたいですよね。かには、ポーションの他には殻があるため中身が確認できない状態ですが、贈り物用であれば身がきちんと詰まったものがほとんどでしょう。

 

これについては販売しているお店を信じる他ありません。私としては、他の商品と同じように口コミを参考にしています。

 

ネット通販になると口コミや詳細が書き込まれたりしているので、その商品が気になってはいるが実際はどうだろうと思っても、梱包方法や配送についてのコメントが書かれているので参考になります。

 

贈り物用のかにには、その人に合わせて選べるよう、様々な種類を取り揃えています。

 

足のみのもの、足のポーション、親爪のみ、かにの姿など、たくさんあります。

 

見た目の華やかさでは、かに姿が有力でしょうし、食べやすさを優先するならポーション、量を優先すると足のみでしょう。

 

時に、様々な詰め合わせになっているものもあるので、食べ比べてみるのもいいでしょう。

更新履歴