かに 通販 おすすめ

MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加

姿のカニ

カニの時期になると、ホテルや旅館の食事に「カニの姿付き」などがありますが、一般的に見て姿のカニと言うものはボイルされた状態でカニの形がそのままのものを指します。

 

姿のカニは、外見の華やかさから人気となっていますが、時には見た目は豪華ですが中身がスカスカというものもあるので、注意が必要です。

 

訳あり商品として味は普通ですが欠けてしまった足をまとめたものや、姿のカニで足あ1本欠けてしまっているものなどがありますが、カニの質そのものは通常のものと一緒というものが良くありますよね。

 

カニは人気ではありますが、姿のカニは分解するのが大変、億劫などと言う人も居ます。

 

実際、私も億劫だと思っていました。

 

しかし、ボイルしてあるカニで、カニそのものを丸ごと味わうなら姿のカニですよね。

 

カニには、タラバガニ、ズワイガニ、毛ガニなどの種類があります。

 

タラバガニは、大きいサイズになると自宅でボイルするのはなかなか手間がかかることがあるので嬉しいですよね。

 

見た目も豪華なので、北海道に旅行などで足を運んだ時には食べたい食材の候補にあがりますよね。

 

ズワイガニは時期になると水揚げされる場所が広域なので、数多くのブランド名が付けられ、販売されています。

 

ブランド名がつくとその分値段があがりますが、中身もカニみそもきちんとした味があじわえるのは、ズワイガニだからこそですね。

 

毛ガニは、足にある身が少量なので足のみで販売されていることはほぼなく、ほとんど姿で販売されています。

 

水揚げ時期が限定されていないので、年中味わうことが可能ですし、濃いカニみそが好みの人から根強い人気となっています。