かに 通販 おすすめ

MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加

花咲ガニにつてい

花咲ガニの性質と地方での呼び名

 

花咲ガニはタラバガニ科に分けられることもあり、なんとなく似ています。ヤドカリに属しているため、カニとか異なり足の数が1本少ないという性質があります。
足のトゲがタラバガニよりもシャープで、太く短い足なのが特徴です。よくある花咲ガニの甲羅の大きさは、縦横15センチ程度が一般的で、比較的大きなカニです。

 

生息範囲と産卵について
花咲ガニの産卵時期は春先から夏前になり、成熟するまでには6年以上もの月日を必要とします。
生息している地域は根室半島から歯舞群島近辺で、根室半島は花咲半島と言われることもあり、そこから花咲ガニと呼ばれるようになったと考えられます。

 

花咲ガニの水揚げ時期と旬
花咲ガニは水揚げ量が少なく、ほとんど出回ることはありません。
収穫時期は夏〜秋にかけてで、水揚げは7月〜9月にされます。
漁獲量も製薬されており、水揚げはオスのみとされています。

 

花咲ガニを調理するには
花咲ガニを調理するなら、カニ足の殻が硬くトゲも鋭いので、大きめのキッチンバサミがあると便利でしょう。
足の身はたっぷりですが、味は濃い甘みがあるので、生の刺身で食べるとしたら不向きです。
花咲ガニを美味しく食べるには、カニ足お味噌汁であるカニ汁で、北海道では鉄砲汁と言われています。